人気ブログランキング |

おかもと歯科医院のブログです


by okamotoshika
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

前回の続きです

前回お伝えしました、身体を冷やさないための対策、いかがでしょうか。

増やした熱を逃がさずキープできていますか?


さて、この大切な熱は蓄えておくだけではなく、身体のすみずみまでしっかり巡り届けなければなりません。

熱は、酸素や栄養と一緒に血によって運ばれていますが、その血を動かしているのは、気です。

ですから、気を滞らすことなく巡らせると、その気にのって身体のすみずみまで熱も酸素も栄養も運ばれ、老廃物の回収が進み、つまりは新陳代謝が良くなる、というわけですね。


ところがどっこい、気って滞りやすいものです。

イライラ、ストレス、過度の緊張の連続や余計な心配、考えすぎ。

いまや私たちの日常の中ではめずらしくない諸々が、気の滞りを招きます。

その気を巡らすためのキーワードは、ずばり、『明るさ』。

気は陽の性質なので、明るく朗らかにのびのびした気持ちでいることで、広がりを持ちながら巡りが生まれ、そして同時に外からの良い刺激を受け入れる余裕も出てきます。

いつも笑顔で。ー実際に顔の血流がUPして脳の温度を高めると言われているそうです。鏡を見る時は自分にもスマイルしてあげてください。

声を出して笑って。

嬉しいことをイメージして。

やみくもに悩まずに、こうなったらこうしようとの対策をたてられる範囲のことを考えて。ーどうしよう、どうしようと小さくなって固まってしまうのは広がりをなくしてしまいます。

こだわりすぎないで。-こだわりすぎると、そこで止まってしまい変化がなくなってしまいます。

一日の終わりは楽しい気分で締めくくり。-楽しいことを思い出しながら寝てください。


♪いいことは自分でみつけ、つくりだす♪

♪その気持ちがまたいいことを生み、人生(運命)の流れを良い方向に向かわせてくれる♪


冷え対策から始まったのに人生観のようなお話になりましたが、これが東洋医学の素敵なところなんですよね。

私が6時間のセミナーもあっという間に感じる、心から尊敬する先生は、いつもこのように症状や治療法の説明でありながら、いつのまにかもっと根本を問いかけてくるお話をして下さいます。

私は毎回じーんと、目も心もうるわせながら拝聴しています。
頭で聞くというより、心で聴くかんじです。


周りの人が喜び、その喜びで自分が喜べる。
人と人とが通い合う。

それが私たちの真の健康や美しさへとつながっていくのですよ、と先生は教えてくださいました。


私自身、そうありたいと思いながら日々過ごしています。


前回の続きです_c0202046_18374630.jpg

みなさま、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。
by okamotoshika | 2010-12-21 18:40 | 東洋医学