人気ブログランキング |

おかもと歯科医院のブログです


by okamotoshika
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:東洋医学( 32 )

先日よりお知らせしている、北浜のmoju flowerさんでの漢方セミナー。

たくさんの方に関心を持っていただいたようで、11月7日の日曜日にも開催させていただくことになりました。

引き続き、詳しくはコチラ

皆様とお会いできますのを心から楽しみにしています!


漢方セミナー日程追加のお知らせです☆_c0202046_10385382.jpg


9月最後の日曜日は気持ちのよい秋晴れでしたね。

勉強会に向かう道すがら、通りがかった小学校では運動会が行われていました。


秋は東洋医学での『肺』という臓器が影響を受けやすい季節です。

気温が下がり、空気が乾燥してくると毛穴が閉じるため、鼻や口に邪気があつまりやすくなり、
口の渇きや鼻がぐずつき、のどの痛みや咳がでやすくなったりします。

乾燥の邪気による肌のかさつきや便秘も。美容の大敵ですね。

酷暑だった夏が終わり、身体も心もほっと気が緩んだところに秋の邪気がやってきて、暑さで体力が消耗している身体にすっと入って風邪をひいたりこじらせたりと、この時期体調を崩されている方が意外と多いのではないでしょうか。

秋の邪気に負けないように、お風呂では湯船につかって1日1回は毛穴をしっかり開き、汗をかく(=デトックス)、朝、着替える前に手でいいのでさささっと皮膚をハンド摩擦する、身体に潤いを与える食品を食べる、身体を冷やさないよう、飲食物や服装に注意する、便秘しない、などして、冬の到来に備えましょう。

秋は食欲の秋ですが、夏バテで食欲が落ちてしまった方は、免疫力を高めるためにも、ビタミン&ミネラルなど栄養素を補うことも考えて下さいね。

秋はまた、行楽の季節。連休もあり、イベントなどお楽しみが多い時期ですので、すっきりした身体でお過ごしくださいませ。
by okamotoshika | 2010-09-30 10:37 | 東洋医学
漢方セミナーのお知らせです☆_c0202046_1964246.jpg


爽やかなグリーンがとってもきれいなアナベルのリース。

院内のリースでもお世話になっている、お花のアトリエ moju flowerさんのとっても素敵な北浜のアトリエでのフラワーレッスンで教えていただきました。

このままドライになっていくようで、今から楽しみ♪

そして、この度ご縁があって、そんな素敵なmoju flowerさんの北浜のアトリエで、漢方セミナーを開催させていただくことになりました。

漢方の持つ癒しのパワーを、楽しみながら、また、少人数制のセミナーですのでお悩みなど気になることも個人個人に合わせ、ざっくばらんにお話をさせていただきたいと考えています。

開催日は、11月3日、文化の日です☆

セミナーの詳細は、コチラ

皆様のご参加を心からお待ちしています。
by okamotoshika | 2010-09-26 19:42 | 東洋医学

今日は冷汁☆

今日は冷汁☆_c0202046_1733068.jpg


1月ごろに仕込んだお味噌が無事に食べ頃を迎えました。

初めての経験だったので、無事に出来上がって、ほっ。

週末に届いたお野菜定期便の中にたっくさん瓜類が入っていたので、お手製味噌を使って今日は冷汁に決定です。

きゅうりや薬味のみょうがは身体にこもった熱をとってくれるし、お豆腐は体液の補充に、お味噌は夏の疲れで弱った胃を優しくいたわってくれます。この時期によく紹介されるのも納得の、ぴったりメニューです☆


日中のこの暑さ、10月まで続くそうですが、それでも朝晩はなんとな~く秋の気配が感じられるようになった気がしませんか。。

そして、そろそろ、肌や鼻、喉の乾燥が気になるという方はいませんか?
最近、便秘ぎみだなあという方は?

厳しい残暑の中でも、身体は少しずつ季節の移り変わりを感じているはずです。

引き続き、身体にこもった熱を取り除き、失われがちな身体の水分(=体液)を補うような食養生を心がけましょう。そして、秋に起こりやすい乾燥によるトラブルの予防や、秋に弱りやすい、外から侵入してくる邪気をはねのける抵抗力の強化のために、身体のバリアを作っている気の充実や巡りにも気を配っていきましょう。
by okamotoshika | 2010-08-30 17:20 | 東洋医学
香港といえば、やっぱりまずは夜景でしょう♪ きれいに見えるスポットに案内していただきました。
香港で、見たもの、食べたもの、買ったもの。_c0202046_2324877.jpg


人も車もたくさん行き交う街には、トラムや2階建てバスもたくさん走っていました。
信号機が歩行者用も車用も縦長なのは、2階建てバスにぶつからないようにするためなんですって。
香港で、見たもの、食べたもの、買ったもの。_c0202046_23184766.jpg

土地の値段が日本の2倍以上の香港、地震がないため上へ上へ高く高くビルはそびえていました。
香港で、見たもの、食べたもの、買ったもの。_c0202046_23265767.jpg











街中でたくさん見かける漢方食材のお店。安心安全な、お勧めのお店にも連れて行っていただきました。

棚にはずらりと漢方食材が並びます。
香港で、見たもの、食べたもの、買ったもの。_c0202046_23311683.jpg

         壁にはフカヒレ! 圧巻です!!
香港で、見たもの、食べたもの、買ったもの。_c0202046_2334661.jpg





これを見せられたら食べるしかない?! と、意気込んで注文したフカヒレの煮込みは夫と妹と私の3人で仲良く分けっこ。
香港で、見たもの、食べたもの、買ったもの。_c0202046_23393825.jpg

   かわいい動物点心はお昼ご飯にいただきました。
香港で、見たもの、食べたもの、買ったもの。_c0202046_23404674.jpg


飲茶でもデザートでも夕食でも、ポットのお茶が出されます。(もちろん有料ですが。)
お茶がなくなると、このようにふたを少しずらしておけば、「お湯足してね。」の合図。
たっぷりお湯を足してくれます。 これも教えていただきました。
香港で、見たもの、食べたもの、買ったもの。_c0202046_23521768.jpg

                  デザートは『糖朝』へ。  
                  やさしい味わいのスイーツ達。
香港で、見たもの、食べたもの、買ったもの。_c0202046_23581011.jpg
















香港ならではのお土産もご紹介します。
漢方のスープパックや生薬は自宅用と、中医学がご縁で親しくなった方々へ。
香港で、見たもの、食べたもの、買ったもの。_c0202046_072944.jpg

可愛いイラストに惹かれたペンは香港のアーティスト、アリス・チャンさんのもの。
香港で、見たもの、食べたもの、買ったもの。_c0202046_0101490.jpg

香港ならではではないですが、H&Mで見つけたTシャツ。
2枚セットで、$79!  900円くらいでした!! わ~い☆
香港で、見たもの、食べたもの、買ったもの。_c0202046_0124936.jpg




中医学のような伝統が色濃く生活に密着しながらも、西洋の文化や習慣もまた生活の一部になっている、不思議な魅力溢れる街、香港。
きっとまだまだ奥深いこの街の魅力を、もっともっと知ってみたくなりました。

今回お世話になった先生方とまた香港で再会することができるように、日々精進していきたいと思います。
そして今回お声をかけていただき、貴重な機会を与えてくださった先生、本当にありがとうございました!

香港で、見たもの、食べたもの、買ったもの。_c0202046_028121.jpg
 
by okamotoshika | 2010-08-17 00:36 | 東洋医学

夏のあったか

本格的な暑さですね。

熱中症には室内でも注意が必要なので、ガマン大会のようにクーラーを使わないのも善し悪しですが、心地よさにまかせていると体は意外と冷えてしまってます。

体の調子や状態は舌に如実にあらわれるのですが、診療室で皆さんの舌を拝見していると、老若男女問わずこの時期「冷えてらっしゃる~。」と感じる方が大半です。


私も冷えやすく、冷えるとすぐに体調が悪くなる体質です。
夏は大好きで満喫したいけれど、涼しげなワンピースの下はしっかり厚着してます。腹巻はオールシーズン大活躍!おしゃれな腹巻が流行ったのは女性にとってまさに革命ですね。

1日を過ごす診療室では、夏でもヒートテックの長そで&ひざ上靴下着用です。

そして帰宅後は、お風呂。
毎日は難しいですができるだけお風呂につかるようにしています。

体が冷えるということは、体中を巡っている血も冷えてしまっています。
巡っている血液を温めることは体を温める手っ取り早い方法です。

かたくなった筋肉もほぐれるので肩や腰などの疲れも取れやすくなるし、高ぶった交感神経がゆったりした副交感神経に切り替わるのを助けます。

自分好みのアロマをブレンドしてキャンドル灯して…なんて優雅なバスタイムは理想ですが、
ちゃっとお湯をはり、市販のお気に入りのバスソルトや入浴剤をさっとふり入れれば、あったか安眠リラックス風呂の出来上がり♪

寝付けないままごろごろ1,2時間を過ごしたり、疲れがとれずにだるい体で1日過ごすくらいなら、ぱぱっとあったかお風呂してみませんか?

低体温の方が多いですが、平熱もあがってくるはずです。


夏はまだまだ始まったばかり。
体が熱くなりすぎることにも冷えすぎることにも気をつけないといけないので忙しいですが、快適に夏を過ごすため、そして夏の健康つくりが冬を迎える準備にもなることを忘れずに、夏のあったか、気にかけていきたいですね。

夏のあったか_c0202046_11303215.jpg


海の日、お誘いがあってでかけた明石近くの海岸の夕焼けです。
by okamotoshika | 2010-07-21 11:35 | 東洋医学

漢方治療について

当院の漢方治療は自由診療となり、お薬の処方は保険適用外です。

問診、舌診を含めたカウンセリングを行い、治療方針を決定します。

カウンセリングは、初回は約1時間ほどかけて行います。
その後は、2週間~1ヶ月毎に30分程度のカウンセリングで、体調の変化などを伺いながら処方の調整を行うと共に、日常生活でもお気をつけいただきたいことなどの養生についてのアドバイスもお話し致します。

漢方の治療はお薬を服用することだけが全てではなく、生活習慣や食生活などの日々の養生も合わせての、一貫した治療です。

処方いたしますお薬は、基本的に煎じ薬をお勧めしています。
煎じ薬はエキス製剤と比べてより効果が高いと考えているためですが、エキス製剤を希望される場合はお申し出ください。

お薬の費用は、煎じ薬の場合、1ヶ月 ¥10000-、 エキス製剤は、1日 ¥180~ です。

煎じ薬も処方によって費用に差が生じるのですが、体調の変化にきめ細かく対応した処方を行う際、お薬の種類や量の加減により生じる費用の変動が過度の負担にならないようにと考え、1ヶ月一律 ¥10000-と設定しています。


漢方治療について_c0202046_15235041.jpg
ちょっと写真が暗いですが、こちらがカウンセリングコーナーです。




                生薬などご覧いただきながら…。
漢方治療について_c0202046_15281340.jpg













ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせくださいね。
by okamotoshika | 2010-07-03 15:37 | 東洋医学

ご縁に感謝

今日は毎月末に開催される漢方セミナーに出席してきました。

漢方を学びだして数年が経ちましたが、まだまだ学ぶべきことがたくさんあり、漢方に限らず医療は生涯学習だなあとつくづく思います。

今日も新しい気づきやヒントを見出すことができました。

わかりやすく理論をひも解いてくださる先生に感謝です。

休憩時間には、久しぶりにお会いする素敵な女性獣医師の先生ともお話できて充実した1日でした。
(最近はペットちゃん達にも、鍼灸や漢方薬の治療が行われているんですね。
人間同様、効果があるようですよ。)

こんな日は『縁』というものをありがたく、想います。

今日私がこうして一医療従事者としてそれぞれの専門の違った先生方と一緒に学ぶ機会を持てた事も縁があってのことでしょうし、毎日診療所を訪れて下さる皆さまとの出会いもまたなにかのご縁なんですね。

一期一会。

毎日のその瞬間に感謝しながら過ごしたいと思います。

先日、歯科医師会の大先輩の先生からいただいた可愛いピンクのスパンコールのリングです。
「先生お似合いだから差し上げるわ☆」と言って、はめてらしたものをいただきました。
守口市で数十年にわたり歯科医療に携わっていらっしゃる大先輩。
いつお会いしても物腰柔らかく、穏やかで上品な佇まいにうっとりします。
先生にあやかりたい気持ちで大切に身に着けています。

ご縁に感謝_c0202046_19531853.jpg

by okamotoshika | 2010-06-27 20:09 | 東洋医学

参鶏湯

「こんなに大きくなっちゃいました~~」

これを見るとついつい一昔前に流行った台詞が頭に浮かびます。

参鶏湯_c0202046_1536526.jpg



これは生薬の御種人参です。 
血を作り出す、気と潤いを増やしてくれる頼もしい有名な生薬。

この人参となつめ、にんにく、クコと鶏肉を20分くらいくつくつして、仕上げにぱぱっとお塩をふれば、簡単お手軽参鶏湯の出来上がり♪

左がスープに入れる前、右がスープに入れて煮込まれた後の、ビフォー&アフターの姿です。
あまりに大きくなるので面白くて写真に撮ってみました。

さて、人参以外にも、なつめには胃を強めて、血と気を補う働きがあるので、冬場だけでなく、汗と一緒に気もからだの外に流れ出てしまうこの季節にもぜひ! 冷房で冷えてだるい日、なんだかふら~っとする日にも良いですよ~。

このレシピを教わってからは、一年を通して、疲れた時の私の定番メニューとなっています☆

なつめは切れ目を入れて、鶏肉はモモのぶつ切りや手羽元でOK。

とっても簡単なのでぜひお試し下さいね。

 
by okamotoshika | 2010-06-26 16:23 | 東洋医学

女性の養生 

梅雨入りしましたね~。

この時期体調不良を感じられる方、多いのでは?!

むくみやすかったり、下痢がちになっているとか、めまい、足が重だるい、など、外気に湿邪が溢れるこの時期、体に余分な水分を溜め込みがちな日本人女性は、湿邪による体調不良を起こしやすくなります。

このような多湿な気候と食文化も手伝って“冷え”が生じ、そこに女性ならではの血の不足“血虚”が加わると、不眠や夢が多くなったり、のぼせ、耳鳴り、便秘、気持ちが落ち着かず悩みがちになる、などの症状が慢性化していきます。

口腔にも、口が渇く、口内炎ができる、口臭があるなどとして表れるんですよ。

ですから日々の生活では、特にこの時期はからだの水はけを良くしてあげることがまず大切ですね。
体の水はけに効果抜群なヨクイニンを、私はご飯に入れて炊いています。
女性の養生 _c0202046_11412440.jpg

炊くとこんな感じ。(他の雑穀も入っているので解りにくいでしょうか?)
女性の養生 _c0202046_1145470.jpg


そして1年を通して、冷えと、血の不足を補うことを心がけてください。
(生理前から生理中は特に!です。)

冷たい飲食物を控える(私は夏でもお水は常温です)、薄着をしない、などの基本的なことはとっても大切ですが、冷えは血行不良から起こる場合もあるので、血の不足を補うことでも改善が期待できるでしょう。

こちらはビーツと、金針菜(ゆりの花)です。
どちらもほうれん草の何十倍も鉄分が豊富な食材。ビーツは<食べる輸血>と言われているそうです。

女性の養生 _c0202046_11251478.jpg
                             
女性の養生 _c0202046_11255229.jpg




食材からだけでは鉄分不足な方のためのサプリメントは『ヘム鉄』。
『CoQ10』はもともと心臓病のお薬だったので、血行をよくする働きがあります。
女性の養生 _c0202046_11345694.jpg


でもこのような取り組みを行っても、体が受け入れることが出来なければ、せっかくの努力も実を結びません…。
こういった養生の効果を最大限に引き出すために私は、自分自身の体質の弱点を改善する漢方薬を飲んでいます。

胃の調子は大丈夫? 体の巡りは? 
体質改善と養生を併せて行うことが病気の治療、そして予防の重要な第一歩であり、こうして手に入れた健康がアンチエイジングや美容につながっていくのです。
by okamotoshika | 2010-06-20 12:12 | 東洋医学

春でも温めて

激しすぎる気温の変化に体がついていけず、体調を崩された方、多かったのではないでしょうか?

今日はやっと春の柔らかな日差しと暖かさが戻りましたね。
休日診療の出務に向かう途中、公園では朝から子供達が元気いっぱい遊んでいました。

だけどまだまだ油断は禁物。
うっかりすると、体を冷やしてしまいます。

春の軽い装いの下にはカイロを貼る、
首にはストールを巻く、
体を温めてくれる紅茶を飲む、
お風呂のお湯でしっかりと温まる、
などなど、体を冷やさないような工夫を心がけて下さい。

体が冷えることで“腎”という臓器のエネルギーが失われると、消化機能をつかさどる“脾”という臓器を温めることができなくなる結果、胃腸の働きが低下し、消化吸収に支障がでます。
つまり、体をつくる基となる食べ物(栄養素)は吸収されずに素通りし、体外に排出されてしまうんです。

最近、胃腸の調子が良くないなあという方、もしかしたら、体が冷えているサインかもしれませよ。
どうぞ養生なさって下さいね。


久しぶりにお会いした薬膳の先生からいただいた紅茶とブルーベリー餅。
体を温める紅茶と、目に良いブルーベリー。
これも立派な食養生、身近な薬膳です☆

ズバリな目のパッケージがダイナミック!
春でも温めて_c0202046_225817.jpg

by okamotoshika | 2010-04-18 23:02 | 東洋医学