おかもと歯科医院のブログです


by okamotoshika
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

週末

3月最後の週末、保険の講習会やセミナーで慌しくしていた気持ちを和ませてくれたのは
木蓮の花でした。
1週間前はまだつぼみだったのに。

c0202046_2152752.jpg



木漏れ日の下で、ピンクの花びらが気持ちよさそうに風にゆられていました。

帰宅後、たまってしまった新聞を読んでいると、朝日新聞土曜版beのフロントランナーに
フードスタイリストの飯島 奈美さんが取り上げられていました。
『かもめ食堂』や『南極料理人』の食べ物をスタイリングされた方です。

インタビュー中に、「食べることは、生きること」、とありました。

食べたもので身体はつくられるし、眠ることで身体を休め、明日へつながる。

忙しさを言い訳に、おろそかにしてしまいがちだけど、
あらためて大切にしたいなあと思いました。
[PR]
by okamotoshika | 2010-03-28 21:25 | 日常

春の気配

冬のコートが恋しくなるような寒さが続いていますが、
皆様体調はいかがですか?

暦の上では春分の日も過ぎ、自然界には着実に春が訪れているようです。

c0202046_22471042.jpg


サクラ♪

ぽかぽか陽気の中でお花見できればいいですね。
[PR]
by okamotoshika | 2010-03-26 22:51 | 日常

アロマテラピー

ストレスや緊張による精神面への影響が、体(口腔内も含めて)の不調を招くことが多い中で、
香りが脳の自律神経やホルモンのバランスに関与している分野に働きかけることにより、
こころと身体のバランスを調整することができる、有効な手段です。

だから、診療室にも積極的に取り入れています。

さらに理解を深めて効果的に活用できるよう、スタッフと一緒に参加したセミナーでの
実習で作った手作りバスソルトやルームスプレー。

作りたてだから香りがとてもフレッシュで、穏やかに癒されていきます。

c0202046_2256833.jpg



もうすぐ3月も終わりですね。
咲き始めた桜もあっという間に見ごろになるのかな?
[PR]
by okamotoshika | 2010-03-23 23:02 | アロマ

食生活について

サプリメントに関心を持たれる方が増えています。

体はたくさんの細胞で構成されており、その細胞を作っているのが栄養素ですから、
バランスの良い食事によって必要な栄養素を摂ることは基本ですが、それだけでは
補いきれないこともあります。

例えば、残念ながら野菜に含まれる栄養素は50年前と比べて半分以下に減少していると
いわれます。
では2倍食べれば、というとそうではなく、それでは今度はカロリーオーバーが心配になります。
逆に、年齢と共に代謝が落ちても、必要なカロリーは減りますが、必要な栄養素はあまり変わらない
のですが、食が細くなることで栄養素が不足しがちになることもあります。

調理や加工の段階でもビタミンやミネラルの損失がありますし、
食べたものをしっかり消化吸収できているかという点でも、体調によって差が生じます。

また、歯科治療中は一時的に摂食に支障をきたすこともありますね。
そんな時はなおさら、体が良くなろう、治ろうとがんばっているわけですから、体内の
免疫や代謝などの生理作用が円滑にすすむように必要な栄養素を摂取して、体が
良くなっていく条件を整えてあげることも必要です。


口腔は、生きる源の入り口です。
食べることで、体への栄養はもちろん、こころにも栄養を届けます。

『南極料理人』という映画の中でも、こんなセリフが交わされていました。

『おいしいもの食べると元気になるでしょ。』
『食べることが元気につながる。』

疲れたときに甘いものがほしくなったり、寒~い日に家族みんなでお鍋を囲むと
気持ちも体もほっこりしますよね。


バランスの良い食事を軸にして、そこに、毎日の体調やもともとの体質に合わせて
栄養素の摂り方や薬膳の考え方を絡めていくことで、自分の体にふさわしい食生活のカタチが
みえてくるはずですよ。



素敵なテーブルセッティング!
こんなおもてなしも、みんなでテーブルを囲む幸せにつながりますね。

c0202046_22534444.jpg
[PR]
by okamotoshika | 2010-03-19 22:25 |

いかなごのくぎ煮

今年も夫の実家からいかなごのくぎ煮が届きました。
生まれも育ちも大阪の私は、夫と結婚するまでなじみのない食べ物でしたが、
神戸の方々にとっては『春の風物詩』なんですね。

甘辛い味付けがご飯に良く合います。
1年ぶりのおふくろの味に夫も嬉しそう♪

カルシウムがたっぷり摂れるのも魅力的です。
カルシウムは骨を丈夫にするだけでなく、筋肉の動きを円滑にしたり、精神を安定させる働きも
あるので、この時期起こりやすい肝の高ぶりからくるいらいらにもいいのではないでしょうか。

お義母さん、いつもありがとうございます。

c0202046_13231875.jpg

[PR]
by okamotoshika | 2010-03-17 13:23 | 日常

AVATAR

ついに観てきました。

『こんな映画観たことない!!』
とてもすばらしい撮影技術に圧倒され、3時間弱の上映時間もあっという間でした。

そんな映像のスケールの大きさもさることながら、しっかりとしたメッセージを持つストーリーにも感激しました。
なるほど、みんながみんな、「いいよ~」と話すことにも納得です。

人間も自然の一部であり、自然に生かされているんだ、ということをしみじみ感じることが出来た
お話。
思えば、幼い頃初めて観た宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』にも、同じメッセージが
込められていたような気がします。
そして、そのメッセージ性がいつの時代、どんな世代にも愛され共感と感動を呼ぶのは、
きっと私たちが無意識にそれを求めているからなのでしょう。

漢方理論のベースも、この、人間も自然界の一部である、というところから成り立っています。
人間と自然の共生や調和は不変的なテーマであり、それが私たちの原点なんでしょうね。
[PR]
by okamotoshika | 2010-03-11 22:09 | 日常

日曜日に

雨模様の日曜日。ゆったりとした時間が流れています。

家事をすませて本屋さんをぶらりと歩いていると、ダン・ブラウンの新刊(今回はフリーメイソンの話です)と、こんなセットを見つけました。

c0202046_19102311.jpg


開けてみると…、

c0202046_19112142.jpg


ケークのレシピ本と下準備いらずのシリコン型とかわいい木のスプーンが入っていました♪

最近、カフェのメニューなどでもよく見かけるケーク・サレ(塩味のお食事ケーク)のレシピも
たくさん載っていて、4月のお料理教室のメニューに入っていたこともあり、
おもわず衝動買いしてしまいました。

自宅に戻り、どれどれとレシピ本をめくってみると、ほうれん草と松の実のケーク・サレという
レシピを発見!

ほうれん草は、五臓の働きを円滑にし、血を巡らし、腸を潤すことで便通をよくする働きがあります。
鉄分の豊富な野菜というイメージが強いですね。もちろん事実なのですが、ほうれん草の鉄分は
非ヘム鉄といい、残念ながら吸収率がよいとはいえません。
鉄分は特に女性にはとても大切な栄養素です。このような野菜にプラスして、ヘム鉄という吸収性の高い鉄分の摂取が好ましいですよ。

松の実は滋養強壮の食品として有名ですね。
ビタミンEが豊富なため抗酸化作用を持っています。免疫力を高めてくれたり、
また東洋医学的には体を潤し、こちらも便通をよくする働きがあります。

う~ん、おいしそう!惹かれました。もちろん早速作ってみました。
小さめなシリコンの型も2人家族にはちょうど良いサイズで、焼きあがりも簡単にはずれたので
便利でしたよ。
明日の朝ごはんにもいいですね。

次はどれにチャレンジしましょう~♪  
[PR]
by okamotoshika | 2010-03-07 20:08 | 日常

春の養生

今日から3月ですね。

暗く寒かった冬の季節が終わり、春分から夏至にかけてのこれからの季節は
陽の気がどんどん高まっていく時期です。

日に日に暖かくなり過ごしやすくなる春の到来ですが、春はまた、生活環境が変わったり、
新しいことが始まったりすることで、ストレスや不安など精神面にプレッシャーを感じやすい
季節でもあります。
花粉症などのアレルギー疾患も心配ですね。

ストレス下では交感神経系が過剰になり、活性酸素を武器に持つ顆粒球が必要な常在菌をも
攻撃してしまう結果、肌荒れやにきび、歯科領域では、口内炎、歯肉炎など、皮膚表層に
症状が現れます。
このような場合、ホームケアやメンテナンスでの除菌治療だけでは解決しない場合が多いのです。
当医院で、唾液検査により酸化度を測定するのもそのためです。
活性酸素は体を守るため必要なものですが、過剰な発生は体にダメージを与えてしまいます。

また腸管免疫もとても重要で、口腔免疫とも深い係わりがあります。
ですから、胃腸を整え、便通をよくすることも、免疫の低下やアレルギーの発症を防ぐために
心がけていただきたいことです。

身体の変化にうまく対応して、芽吹きの季節をいつも通り自然体で迎えたいですね。

院内も春の装いに包まれています。
c0202046_22375593.jpg

                         もうすぐ、ひな祭りです♪
[PR]
by okamotoshika | 2010-03-01 22:47 | 東洋医学